旬なスマホアプリとその魅力を紹介!!!


無料アプリから有料アプリまで
様々なものがありますが、
実際やってみて良かったものをご紹介!




2014年05月06日

運動不足解消に是非とやりたいスポーツ

運動不足解消に是非とやりたいスポーツ





バブルサッカー


という新スポーツご存じでしょうか?



ビニール製の球体スーツをかぶり、
自らボールのような格好をした選手たちが
ぶつかりあうスポーツだそうです。
 



普通のサッカーでのファウルや反則やり放題
で問題なしのサッカーです。
 



転がることで体中あちこちの筋肉が付くので、
有酸素運動と相乗効果で、
ダイエットも期待できそうです!  


見ているのも面白い!!

▼以下その様子を捉えた動画▼

http://www.youtube.com/watch?v=QMcJUQjo-T8


1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ






posted by 映画マニアックス at 00:41| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

スポーツマンシップ

浅田真央選手




正直、巻き返し頑張って欲しいと思います。


彼女のすごいと思うところは、
当然技術力の高さもすごいのですが、
人間性がとても素晴らしいと思いました。


演技終了後、嫌がらせで、
花以外の危険物をリンクに投げ捨てる
ふとどきな輩がいますが、


そういったものでも、
拾ってちゃんと持ち帰ってリンクを出る、
といったマナーも完璧な彼女。

まだ若いのにすごいと思います。
ソチで引退と言われているので、
なんとしても頑張って欲しいですね。

決戦は今夜ですか。



他の国にキ●ヨ●とかいう選手がいますが、
真央ちゃんの会見席につば吐いたり、
嫌がらせしたり、
マナーも何もないヒドさ。
 ↑
いくら技術が凄くても、
これじゃあアカンでしょ。
スポーツマンシップという言葉を知らないようで…





1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ








posted by 映画マニアックス at 23:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

久々の日本シリーズは‥

久々の日本シリーズは‥


今年のプロ野球は、
楽天がリーグ優勝で、CSを制し、日本シリーズへ。

そしてセリーグ王者のジャイアンツに勝利して、
球団創設から9年にして日本一!

ということで、



!!楽天おめでとう!!


です。
日本にある色々な問題がある中で、
東北の人に勇気を与える良い勝利だったのでは、
と思っています。

この日本シリーズは第7戦目までもつれて、
ラストの試合は劇的な試合になりました。

野球漫画にでてきそうなくらい劇的でしたね。





しかし…


この星野監督の采配に賛否が分かれるのではないか?
と予想しています。


というのも、
前日の試合で100球を遥かに超えて力投した田中投手を
続けて9回裏の抑えでリリーフに起用
したことです。


今までの野球の歴史では、
「有り得ない」
実況解説がありました。

当然ピッチャー出身の星野監督なら、
そんなことは当然分かっていたはずです。



なぜ抑えに出したのでしょう‥?


この変わった采配を見たとき、

以前落合監督指揮のもと、
中日が日本シリーズで王手の試合の9回のリリーフに
岩瀬を出場させた場面
を思い出しました。

これも8回まで完全試合のピッチャー山井を変えて
岩瀬にしたことで、当時は非常に話題になりました。

この星野監督の采配と落合監督の采配は、
どちらも変わったものではあるけれど、
私は星野監督の采配にはいまいち納得がいかないです。



確かに楽天は勝つことができたから結果論で言えば
「正しかった」
というところでしょう。


けれど、8回まで完璧に抑えていた絶好調の
中継ぎ投手をあえて変えてまで、
田中投手を出した理由には、
ペナントレースでの活躍がめざましかったから、

「最後は花を持たせてやりたい」

といった人情を感じざるを得なかったです。
実際星野監督はそう思って起用していないかもしれませんが‥。
それにファンサービス的な部分でも良かったかもしれません。


しかし、

ジャイアンツは打者ラインナップが12球団の中でも最強。
ホームランバッターばかりです。
3点の差など他の球団と比較すれば、
楽天が逆転される可能性は十分あったと思います。



ここで2つの考え方が出てきます。

エンターテイメントとしてお客さんに楽しんでもらいたい、
田中投手の功績でここまで来れたからラストも託す、
という考えと、


監督の仕事は、チームの勝利に全力を注ぐだけで、
どんな方法でも確実に勝つ、
という冷めた考え方です。


これらは、両者とも相容れないものだと感じています。
どちらが正しいのか?

断言は難しいところです。

ただ監督としては勝つことのみ優先すべきだったのでは?
と感じています。


選手は皆、生活がかかっています。
前日の試合で壮絶な球数を投げて、
激しい筋肉疲労の投手をあえて起用して、

そして負けたら‥


これはギャンブルに近いような采配という感じがしました。
生活がかかっているのにギャンブル…?




一方、中日の落合監督の風変わりといわれた、
9回抑えに岩瀬を起用した采配は正しかったのか‥。

という点をみてみると、

もし、あのとき負けていたら大ブーイングだったでしょう。


しかし、落合監督の「采配」という本によると、
山井は手にマメができてしまい、
それがつぶれたか、つぶれそうか、といった状態だったそうです。
変えざるを得ない事情がちゃんと存在していました。

この裏事情を考えると、
あのとき勝つことに全力を尽くした落合監督の采配には
納得がいきました。


難しい議論で、
賛否両論あると思いますが、


あなたはどう感じましたか?




関係ないですが、
楽天さん、日本一になったのだから、
商品半額キャンペーンとかやってください!!


1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ








posted by 映画マニアックス at 01:23| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする