旬なスマホアプリとその魅力を紹介!!!


無料アプリから有料アプリまで
様々なものがありますが、
実際やってみて良かったものをご紹介!




2015年04月08日

映画:「フォース・カインド」のご紹介

映画:「フォース・カインド」のご紹介
[ The 4th Kind ]




【更新時期が乱れてしまいすいません】

DMを送られた方には、順番に返信しております。
お時間かかって申し訳ありませんが、
もう少々お待ちくださいませ。






【ストーリー】

2000年10月、アメリカアラスカ州ノーム在住の
心理学者タイラー博士(女性)のもとに、
不眠症を訴える住民が次々に訪れる。

不審に思ったタイラー博士は、
催眠療法で彼らが眠れない理由を解明しようとした。

またタイラー博士が心理学者になった理由は、
得体の知れないものに夫を殺されたというもので、
この夫の死も不可思議な現象を抱えていた。









【筆者コメント】

実在したといわれる不可思議現象について、
実話のドキュメンタリーを交えた、
再現映像で詳しく解説する映画です。




アメリカアラスカ州ノームでは、
不眠症や行方不明者が多発しており、
60年代以降FBIによる訪問が
2000回を超えた怪事件が起きた場所のようです。

怪事件が多発しているということは事実だが、
そのほとんどが、オカルトネタ、
いわゆる都市伝説と呼ばれる部類のもので、
未だに真相は闇の中、という事件みたいです。



ミラジョボビッチが信じるか信じないかは、
あなた次第、と言っているように、
賛否が分かれるにしても多くの人が「やらせ」と
感じるような内容だと思います。


実際に映画の中のセリフに、
この手のオカルトネタがたくさん出てきます。

例えば、

UFOとか宇宙人とか、誘拐拉致(アブダクション)
未だ謎とされるシュメール文明とその言語。



シュメール文明とは、聖書よりも遥か昔に地球上に
存在したとされる文明で、
神のことを「アヌンナキ」と呼んでいたようです。

そして、実際のシュメール文明の石版などには、
宇宙人と思われるものをアヌンナキと呼んでいた、
と、研究者は分析しているようです。

つまり「宇宙人=神」ということですね。
天から来た来訪者という捉え方をしています。

これと似たような表現をしている文明が
他にもいくつかありますが、
代表的なのでは、エジプト文明があります。




私は個人的にオカルトネタ大好きなので、
このシュメール文明のくだりで、
どうも真実なんじゃ…?と思ってしまいました。



遥か昔から世界中でUFOの目撃情報などが
これだけ相次いでいるのに、未だに存在しない
というのが世界の共通認識で、
信じる人間はアホだと言われてしまいます。

しかし、エリア51やロズウェル事件のように、
アメリカはそういった本当らしき事件などを、
必死の隠蔽工作で完全否定してきました。

そういった状況下、単なるオカルトと
考えて良いのでしょうか?
というのが私の個人的な考えであります。



映画としては、UFOなどを信じる方には、
面白いと思いますし、怖い映像が出てきます。
そういった意味では面白い映画だと思いました。

一方、

オカルトネタが苦手・信じない方には、
やらせ映像の興業を狙った駄作だろう、
と思われる可能性大!見ない方が良いです。



信じるも信じないもあなた次第!


ストーリー ★★☆☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
グロテスク ☆☆☆☆
エロ度    ☆☆☆☆☆
構成     ★★★★
意味理解  ★★★★
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★★★
おすすめ度 ★★★☆☆

▼トレイラー▼


1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




posted by 映画マニアックス at 15:00| Comment(0) | 一般映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画:「容疑者 室井慎次」のご紹介

映画:「容疑者 室井慎次」のご紹介








【ストーリー】

ある殺人事件の担当になっていた室井管理官。
容疑者が現職の警察官だった衝撃である一方で、
その警察官は、事故死してしまう。

この事故死のせいで、事件は迷宮入りした。

結果、被疑者の母親は、室井氏を疑い、
事故死を引き起こしたとして、
室井は刑事告訴され、一変して容疑者へ。







【筆者コメント】

言わずと知れた踊る大捜査線のスピンアウト映画です。

『踊るシリーズ4作品』の番外編的存在の、

「性交渉人 真下正義」
「容疑者 室井ちんちん」


の2作品のうちの一つです。



踊るシリーズの中でも、今回ご紹介の作品に関しては、
監督が唯一違います。

・「踊るシリーズ4作品」と「性交渉人 真下正義」は、
 本広克行監督、

・「容疑者 室井ちんちん」に関しては、
 君塚良一監督

というように今回の作品だけは、君塚良一監督なのです。




やはり、作風は監督によって異なり、
踊るシリーズの中でもあまり良くないです。
君塚良一監督の今回の作品です。


君塚良一監督と言えば、踊るシリーズの
脚本を書いている人で、その実績があるため
メガホンをとれたのでしょう。

でもやはり、良い脚本が書けても、良い監督かどうかは、
全くの別問題、ということをはっきりさせてくれました。




作品の中身についてですが、印象に残っていないので、
はっきり覚えていませんが、終始堅苦しい演出。

でさらに、室井氏の言動、キャラクター性が、
踊るシリーズとは全く違うのです。

しかも、社会派映画を気取り過ぎているせいか、
ただ堅苦しい映画だったような感じです。



この作品の他に君塚良一氏監督作品の別作に、
「誰もホモッてはくれない」
という作品も似たような感じで、

最初20分でクライマックスが終了し、
残りの時間は全てただダルいだけの映画でした。



本広克行監督作品の方が、少々の笑い有りの作風で、
その中でも社会派的なメッセージが込められていて、
メリハリの効いた面白さがある、
と考えます。

ということで、あまりお勧めではありませんね。
「容疑者 室井ちんちん」。

君塚監督の踊るシリーズとは別作の
「痛い 明日への十日間」という映画があるのですが、
これは、あまり中身を期待できず観ていません。

面白かったという方は教えてください。




あと、あまり関係ないですが、
踊るの別作品「性交渉人 真下正義」については、
終盤からラストにかけての演出の意味がわかりづらい、

という方が結構います。

私も映画館とテレビで見ても、
良く意味が分からなかったのですが、
30代になってやっと気がつきました。

これについては、また別の機会にお話ししましょう。


ストーリー ★★★★★
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★☆☆☆
グロテスク ☆☆☆☆☆
エロ度    ☆☆☆☆☆
構成     ★★☆☆☆
意味理解   ★★☆☆
感動     ☆☆☆☆
怖い     ★★☆☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

▼トレイラー▼


1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

posted by 映画マニアックス at 14:57| Comment(0) | 一般映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

本日の映画:盗作疑惑の小説家「シークレットウインド」のご紹介

映画:「シークレットウインド」のご紹介









【ストーリー】

ミステリー作家モーテにシューターという男が現れ、
「俺の小説を盗作したのだから、俺の名前で出版しろ」
とモーテに要求してきた。

モーテは、単なるファンの嫌がらせだと思い、
適当にあしらっていたのだが、
事は、深刻さを増した事態になっていた。

そのシューターという男が持ってきた原稿を
モーテが見たとき、自分の書いた小説と同じで
大変驚いた。

その後シューターからのストーカー行為が
悪質さを増していった。










【筆者コメント】

スチーブン・キング原作作品です。
原作の結末と映画の結末が異なるようで、
キング好きの方は、映画だけでなく、
小説も楽しめるかと思います。


ラストがちょっとイマイチですが、
監督がデビット・コープと言う方であり、
過去に色々な有名な作品の脚本を書いてきた、

と言う実績があり、
最後まで面白く見せる手腕は凄いです。

ストーカーに苦しめられていく、
主人公モーテ演じるジョニーディップも貫禄有りで、
なかなか面白い作品でした。

男から見ても、ジョニーディップはかっこいい!



ジョニーディップの作品多々あれど、
これほど広いジャンルに渡って、
出演できる俳優さんも珍しいです。


ホラー色の強い作品なので、少々怖いです。
ミステリースリラーという感じでしょうか…。
怖さがありますが、誰でも観る事ができます。


最後のオチを予想しながら観ると面白いと思います。

おすすめです!!


ストーリー ★★★★
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★★
グロテスク ★★☆☆☆
エロ度    ☆☆☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★★★
感動     ☆☆☆☆
怖い     ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★★

▼トレイラー▼

http://youtu.be/kYtyZhkOAoo

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

シークレットウインド.jpg









posted by 映画マニアックス at 00:03| Comment(0) | 一般映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

本日の映画:みつめて現代社会「悪人」のご紹介

映画:「悪人」ご紹介
    










【ストーリー】

今回は日本映画です。

この悪人という作品、原作もかなり有名で、
映画も好評だったようですので、
ストーリーは割愛します。






【筆者コメント】

今日は、映画の内容というよりは、
ここ数年でIT技術が発達したことで、
人間関係に変化が起きているのでは?

ということをテーマに書いてみます。







作品タイトルの通り、
映画の中に出て来る人間たち、マスコミなど、
どれも悪の要素を秘めている、

ということが表現されていたように感じます。


違法行為としては、
当然、殺人を犯した人間が悪いのですが、
それだけでなく…といった部分が重要なポイント。







現代社会の閉塞した状況を
実に上手に表現していると作品だと思いました。


携帯電話がなかった頃に比べると、
現在はスマホ1台あれば、
それだけですべて事足りる便利な時代。

でも、そういった便利さの一方で、
世の中の人間関係や交流といったものが、
希薄化しているように
感じます。

人との交流が希薄化すれば、
日常の中で孤独感を感じることが、
時として出てくることもあるかと思います。

その孤独感から抜け出したくて出会い系で、
今まで会ったことが無い人とでも簡単に会ってしまう、
というのも、まあ、わかる気がします。

でも、その一方で、希薄な人間関係でも気にせず、
その時々で自分都合の軽いノリの付き合いで
十分満足という考え方の人がいるのも事実。


この希薄化した人間関係は、
すべて人間が作り出した文明の礎が、
作り出しているのではないか?
 
 


それが世の中の閉塞感になっている、
と思ってしまいました。






私が高校生の頃は、携帯電話を持っている人は
ほとんどおらず、人間関係で悩んだときも、
じかに会って誤解がないように話しあったり、

人と対面してコミュニケーションを取る、
ということを考えて行っていたように感じます。

人間関係や相手のことを考えながら、
必死になって生活していた記憶があります。



でも、携帯やメール、SNSなど、
便利なコミュニケーション媒体ができたことで

本来人間同士が行う基本的コミュニケーションを
必要とせずに済んでしまう場合があります。

携帯のメールなどは、
対面したコミュニケーションを必要としないので、
いつどんな時間でもどんな長い文章でも何通でも
相手の都合お構いなしにメッセージを送れます。


でも、それが逆に人間関係を希薄化しているのでは?
と感じてしまいます。
全ての人に当てはまるわけではないですが。


love_love.jpg




実例としては、恋愛において顕著だと思います。
アハーン.jpg



恋愛関係を育みたいと思ったとき、
対面した基本的なコミュニケーションを取る方法が
わからない、または、おろそかな結果、

好きな人に大量にメールを送ってしまってトラブル、
といった話をよく聞きますし、

相手からメールの返事が来ないと絶望感いっぱいで
ストーカー行為をしてしまう、
といったことで、実際犯罪が起きて
ストーカー規制の法律ができたりしました。



例えば、今度ご飯行きませんか?
とデートに誘って帰ってきたメールに「いいよ」の一言。

相手と対面して顔を見ながら話してみないと、
実際相手が気分良くOKしてくれたのか?
仕方なく嫌々OKしたのか?

実際はどちらかはっきりしないわけです。  


メールだと相手の表情やその場の雰囲気を読めないため、
この一言からコミュニケーションをうまく取っていく、
ということが非常に難しくなっていきます。

これが誤解を産むきっかけになったりする可能性もあり…。


携帯やメール、SNSなど、
便利なコミュニケーション媒体であるけれど、
時として誤解を生じさせたり、相手を傷つけてしまう、
という、凶器にもなるわけです。


なんてね…

http://youtu.be/QXuSR0cLAOg
 


高校生でもラインでのトラブルがよく起きている、
なんて、新聞で読んだことがあります。





変わって、

映画の中の話を少しだけすると、
深津絵里演じる馬込光代にひとつ言いたい!!

とりあえず殺人犯がいたら110番です。
かくまうと共犯DEATH!

あと久石譲の音楽(BGMも主題歌も)良いですね。
特にBGMはテレビ番組で使われたりしていて
1度は聴いたことがあるのではないでしょうか?


ストーリー ★★★★★
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★★
グロテスク ☆☆☆☆☆
エロ度    ★★☆☆☆
構成     ★★★★★
意味理解  ★★★★
感動     ★★☆☆☆
怖い     ★★☆☆☆
おすすめ度 ★★★★★

▼トレイラー▼

http://youtu.be/F_Z1_iIauxw

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

悪人.jpg




posted by 映画マニアックス at 21:46| Comment(0) | 一般映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

本日の映画:最後の7日間「ツインピークス」のご紹介

映画:「ツインピークス」のご紹介
    〜ローラパーマー最後の7日間〜
 
 






20年以上前に海外ドラマとして、
日本の深夜で放送された推理ミステリードラマ、

「ツインピークス」



最近の若い方はご存知ないかもしれませんが、
このドラマは世界中で爆発的なヒットを記録
現在に至っても根強いファンから支持されている、

超有名ドラマです。



魅力はなんといっても、

・現実離れしたような斬新なストーリー
・次から次へと登場する謎の数々。
・幻想的な音楽


です。




このツインピークスというドラマでは、
一番最初に女性死体が海岸で発見される
という展開で物語が始まります。


一見、たやすく犯人を見つけることが可能な事件、
と思われたのだが、FBI捜査官クーパーは、
謎の数々を前に、事件の核心へと迫ることができない。

という内容のドラマです。



これ非常に面白いです!
特に最近の海外ドラマにはまっている方には、
是非ともオススメしたいドラマです。

映像やストーリーだけでなく、
登場するアーティストや音楽の良さも秀逸です。






▼一番最初に女性死体が海岸で発見▼
ツインピークス.jpg


▼FBI捜査官クーパー▼
カイル・マクラクラン
カイル・マクラクランyoung.jpg

現在はだいぶ歳をとりました。
カイル・マクラクラン
カイル・マクラクラン.jpg






しかし、なぜ?


今回過去にヒットしたドラマの説明をするのかと
言いますと、2016年から放送する続編では、
過去のドラマではっきりしない謎だった部分を
もっと具体的にする!!
 
 


と、監督のデビッドリンチがそのように言ったようです。



▼デビットリンチ監督▼
デビットリンチ.jpg



ということで、最新作を見ても意味がわからないので、
過去のドラマを見ることで、
2016年の新作ドラマをより理解できると思います。

過去のドラマ全てをまとめたDVD集が
安く輸入版で発売されて、非公開シーンなども収録。
映画ローラパーマー最後の7日間も入っているようです。

▼過去のドラマ全てをまとめたDVD集▼

http://youtu.be/bFd4BTDVqz0

Twin-Peaks2.jpg

Twin-Peaks.jpg

これをご覧になってください。
輸入版だと安いです。
日本語字幕対応有りなので安心です。


そして、過去のドラマで殺された、
ローラパーマーが死を遂げるまでの
7日間を撮影した映画が、


本日ご紹介する、

「ツインピークス」
〜ローラパーマー最後の7日間〜 
 


です。





【ストーリー】

山中の奥地にツインピークスと呼ばれる
小さな町があった。

この町で殺害された少女「ローラパーマー」

いったい彼女が殺される前の7日間において
どのようなことが起こっていたのか…







【筆者コメント】

この監督デビットリンチは、
映画監督として有名になりました。

しかし、どの作品も監督の頭の中の
自我ワールドが強すぎるせいで、
意味が良く分からない映画が多いです。

唯一おすすめなのがブルーベルベットです。



一方、ツインピークスでは、

1:過去のドラマ全話 [結構長いです]
2:映画:ローラパーマー最後の7日間


が市場に出ておりますが、
ブラッグロッジやホワイトロッジといった部分の
存在がはっきりしないまま、
物語は終わってしまっています。


ということで、2016年の続編では、
それら謎だった部分が明かになる可能性がある、
ということのようなので、

この映画も見ておいた方が良いでしょう。

見る順番は、1のドラマを全て見た後、
2の映画をご覧になってください。


2の映画の内容ですが、
殺されるまでを映像表現しただけなので、
作品としてはイマイチですが、

1のドラマを全て見たら、見ておいた方が
良いでしょう。





しかし、


なぜツインピークスの紹介にここまで熱を入れるのか? 




ですが、それは、

このツインピークスには、ミステリー的要素に加え、
ホラー要素も含まれています。
それが不気味で、怖さを感じた人も多かったようです。
 



ホラー要素と言っても、
激しい流血、スプラッター、残酷表現、
といったものは皆無なので誰でも見れます。



いずれにしても、

1:過去のドラマ全話 [結構長いです]
2:映画:ローラパーマー最後の7日間
 


の内容を収録したDVD集を全部見てくださいね。




2016年が待ち遠しいです。



ストーリー ★★★☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
グロテスク ☆☆☆☆
エロ度    ★★★☆☆⇒最後の7日間のみ
構成     ★★☆☆☆
意味理解  ★★★★
感動     ☆☆☆☆
怖い     ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★★★→ドラマとセットでオススメ!

▼トレイラー▼

http://youtu.be/rOW9hkPLeAY

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ツイン・ピークス ローラー・パーマー最期の7日間.jpg

面白い顔2.jpg








posted by 映画マニアックス at 22:14| Comment(0) | 一般映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする