旬なスマホアプリとその魅力を紹介!!!


無料アプリから有料アプリまで
様々なものがありますが、
実際やってみて良かったものをご紹介!




2014年08月30日

恐ろしき中国食品の影響は人間だけではない

恐ろしき中国食品の影響は人間だけではない




中国の商品事情が良くないことは、
もう誰もがご存知のことと思います。

その影響は、人体にも表れてきていますし、
奇形児が生まれる原因になったりもしています。


ですが、その食料品事情は人体だけでなく、
家畜やペット、野良犬、野良猫、などといった
動物にまで被害を及んでいるようです。


また、中国から輸入したペット用食品で、
飼っている動物が死んでしまうという事件が
アメリカで多発しているとのこと。


ここまで来ると食品テロです。



一方の中国は動物虐待などを取り締まるための法規制が
なされておらず
、人間じゃなければ簡単に殺しても良い
という考え方のようです。

野良犬、野良猫、が邪魔だと言って、
毒薬食品を食べさせ、ゴミ捨て場などに平気で捨てる

ということも当たり前になっているようです。

野良犬、野良猫、たちの死骸が
さも普通のゴミと同等に山積みにされて
放置されているというひどい状況みたいです。


また、中国では、
過去に豚の死骸を川に何百匹と捨てられ、
そのひどい光景が少しニュースにもなりました。

豚に関しては、投機的な役目を果たす重要な家畜なので
大量繁殖させるらしいのですが、
需要が見込めない豚は殺処分されるのだそうです


殺処分するにもお金がかかるので、
業者によっては川などに直接捨てて
処分することがあったようです。

その有様はひどかったようですね。


この中国の生き物をひどく扱う国民性、
動物たちにとってはたまったものではないでしょう。
悲しくなります。




ですが、日本も中国は悪い!とばかり言えないようです。

日本も動物を飼うことの難しさ、大変さ、
飽きてしまった、といった理由で、
生きているペットを遠くに捨てたり、虐待したり、が
当たり前のように行われています。

飼い主の分からない野良犬・野良猫が、
毎年たくさん出てくるようです。

そして、全国から飼い主が見つからない犬・猫は、
毎年数万匹出てきて、それらは、
動物専門の処分場で殺処分されるそうです。
 
 


ガスで死ぬ直前まで人間になついている動物が
死んでいく様は絶えられないくらいつらいそうです。

なぜこれほどたくさんの殺処分される動物が
でてくるのか?
この理由も中国と全く同じです。

ペットショップは大量繁殖させることで
利益を出す事ができるわけです。

つまりペット市場も投機的な場になってしまっている
ということなんです。


こういったペットが殺処分されるというニュースは
ほとんどされません。

報道でこの現状を知れば、もう少しペットに
温かく接することができるのではないか?
と思うのですが、臭いものにフタ、報道されません。

飼い主の都合で捨てられてしまう動物達、
最終的には殺されてしまうわけです。


ペットも人間と同じで、ウンコ、オシッコ、はしますし、
病気にもなったりします。

そういった世話の大変さを本来であれば
飼い主になるであろう人に、
飼う前に事前に知ってもらうような制度が必要という声も。

・投機的な目的での大量繁殖はやめる、
・見た目のそのときのカワイさで
 衝動買いするのを抑止したりする、
 
 


ということで殺処分問題も
軽減されるのではないかと思います。

日本のペットの殺処分事情の悲惨さについては、
以下の本に詳しく書かれております。
〜この命、灰になるために産まれてきたのではない〜
犬たちをおくる日―この命.jpg


こんな悲惨な生涯を送るペットが多くいるということを、
これからペットを飼おうとされている方には
是非とも知って頂きたいニュースでした。

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ








posted by 映画マニアックス at 00:43| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

ジニ係数

ジニ係数





日本で生まれて良かった〜というニュースです。


中国、韓国、などと領有権争いをしている日本。
この問題なかなか片付きませんね。


中国がGDPで日本を追い越した!
このままでは、中国の脅威に押しつぶされるのでは?

といった中国脅威論がメディアでながされます。  

中国でも放送されているメディアの内容と、
日本で報道されているメディアの内容が、
領有権争いにスポット当てた巨悪な存在として
国民に流されるわけです。

しかし、実際、外国人留学生が日本に来ると
中国との大きな差の数々が日本にあることに
大変驚くのだと言います。

教育水準、環境保護などのエコ意識、
豊富な水資源、治安が良い、礼節、秩序、
中国と比べると高い社会保障システムがある
、など
どれをとっても中国に勝るのだそうです。





貧困指数を表す言葉に「ジニ係数」という言葉があります。
このジニ係数が高いと貧困率が高いということですが、
中国と比較すると、日本の数値は遥かに低いようです。

ジニ係数の貧困率が危険な警戒水準レベルの数値は、
0.44だそうで、中国はそれを越えて0.47だそうです。
一方日本は0.26だそうです。

こんな中で留学生が実際の中国と日本を比較すれば、
カルチャーショックを受けるのはなんとなく理解できます。
反日報道の中で育っているので当然です。





一方、過去にも記事にしましたが、
2010年のワールドカップ日本代表の岡田監督によれば、
実際中国に言っても、反日という理由で、

日本人が虐げられたり、と言うことがなく、
ごく普通にコミュニケーションができるため、
メディアの報道内容と
普通の一般中国人とのギャップに驚いたそうです。

岡田監督が最後に一言、
日本も中国もメディアに翻弄されすぎているのでは?  
と。




グローバル社会になってメディアの媒体も、
新聞やテレビだけでななくなりました。

自分で何が真実を確かめる、
無駄な情報に惑わされない、
といったことができる時代になりました。

その見極めをきちんとしていきたいものです。




あと、補足として、日本のジニ係数0.26だから良い!
というわけではありません。
サギノミクスのせいでこの数値上昇傾向にあります。

世界の貧困国と比べれば優秀な数値かもしれませんが、
決して油断ならない部分です。

大企業の好況だけのメディア報道に
ながされないようにしなくてはなりません。


1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ








posted by 映画マニアックス at 20:04| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

司法取引の導入について

司法取引の導入について




あなたは「司法取引」という言葉をご存知ですか?


他人の犯罪事実を捜査機関に明らかにすると、
その見返りに自分への求刑が軽くなる


簡単に言うと上記の通り。


例えば、オウム真理教の林被告が、
教団の内部事情を暴露したことで、
オウム事件の解決に一躍買って、
事件解決に筋道ができた、

ということで、林被告は死刑を免れました。

これは司法取引の考え方に似ています。



その司法取引が今になって法案として浮上してくることに
なにかよからぬことを想像してしまいます。


この「司法取引」が、日本でも導入される見通しのようで、
刑事司法改革の議論で方向性が示されたとのこと。


メリットは、
組織犯罪や共犯者がいる事件の解明に役立つこと。
そして事件解決を迅速に行えること。です。


問題なのがデメリットです。
うその証言によって、他人を冤罪(えんざい)に陥れたり、
共犯者に罪をかぶせたりするなどの危険性も十分
出てくる可能性があること。
 


このデメリットによって、
犯罪を自由自在にコントロールできる組織犯罪が
逆に表に出てくることなく好き勝手できるわけです。



薬物などの組織犯罪や企業犯罪、汚職などでの適用を想定し、
末端の犯人から主犯者の情報を聞き出す場合には
メリットになりますが、大きな組織犯罪ともなれば、
この法案、うまく機能するとは思えません。

欧米でも広く利用されているという理由から
法制審議会で論議されたとのことです。

さらにこういった取引には、裏金がつきものです。
財力が高ければどうにでもできそうですね。

したがって、
単純に大きな組織犯罪では機能しない、
そう考えてもおかしくないと思います。

あなたは、この制度えをどう思いますか?
賛否別れそうなニュースでした。


1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ







posted by 映画マニアックス at 22:45| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

ここまで拡大エボラウイルス

ここまで拡大エボラウイルス






エボラウイルスによる出血死。

時間とともに縮小するかと思ったら、
むしろ拡大しているようですね。



ギニア、リベリア、シエラレオネは
感染拡大を防ぐため、
感染者が集中する3カ国の国境周辺の地域を封鎖。

軍や警察が人や物資の動きを制限していることで、
食料価格の高騰、
航空会社の発着便停止、
港も封鎖、


ということで、
感染地域が完全に孤立した状態のようです。

保険衛生上の危機が食料事情に
大きな影響を及ぼしているということもあり、
この3カ国の過去の治安の悪さなどから、

ますます厳しい状況が国を襲うと予想されているようです。
世界食料計画(WFP)によれば、
今後緊急援助を実施するとのこと。



この地域に住んでいる住民からすると、
見放されているようで恐怖感を持っていることでしょう。

でも、このウイルスの拡大がとどまるところを
知らない状態が続いている限り、
世界の脅威であるわけで、なんとも難しい問題ですね。



高度な文明社会を構築してきた人類ですら、
エボラウイルスのみならず、
様々なウイルスに対処できない、

これは、自然の猛威によるところで仕方がないのか…、

人類の知恵をはるかに超えて、
地球環境が大きく変化している状況だからなのか…。

人類の築いてきた経済活動による地球温暖化への警鐘なのか…。 



打つ手なしの目に見えない存在に恐怖する…。
対岸の火事と思えなくなってきました。

今は世界に広がらないことを祈るばかりです。


1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



posted by 映画マニアックス at 23:06| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

家電量販店の接客で思うこと

家電量販店の接客で思うこと





ヨドバシカメラは2020年をめどに
東京・新宿駅西口前で、
売り場面積が約4万平方メートルと
国内最大級の家電量販店を開業するそうです。
 
 



私は仕事柄、ヨドバシを使うことがたまにありますが、
他の家電量販店と比較しても接客サービスの質が
良いと感じるときがあります。

一方、どの家電メーカーも豊富な商品知識に
丁寧な接客応対とCMで謳っています。


実際そのように対応してくれているかを
確認すると、ある一定の法則が見えてきます。

ヤマダ電機は、商品知識の無いスタッフが多いです。
全てのスタッフがそうではないと思いますが。
秋葉原にあるヤマダ電機のお店の経営が
成り立っているのが不思議に感じます。

激戦区秋葉原ではマニア向けの知識がないと
やっていけないのでは?と思うことがあります。


そんな厳しい状況でも大盛況のヨドナシアキバは、
スタッフの知識も豊富です。

パソコン関連においては、その他の専門店が
ずらりと並ぶ秋葉原でヨドバシアキバは
周囲の環境に適応せざるを得なかったのかもしれません。


そして、やはり、
新宿に国内最大級のお店を開業するヨドバシ。
これは確たる競争に勝つ自信の表れではないか?
 
 

そう感じます。

免税売り場も広く確保し、
東京五輪で増える外国人観光客を呼び込むことも
目的としているようです。

総事業費は約500億円の見通しだそうです。
これだけの大型店が出るというのだから、
お店の内容も満足いくものになるのではないか?

そう推測しています。


1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ









posted by 映画マニアックス at 20:48| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする