旬なスマホアプリとその魅力を紹介!!!


無料アプリから有料アプリまで
様々なものがありますが、
実際やってみて良かったものをご紹介!




2014年09月30日

過去の記事で案じていたことが現実に

過去の記事で案じていたことが現実に



シェールガスについて過去に何度か記事にしていますが、
世界に輸出していける程のガス量でない可能性有り、と
何度もブログに書いてきました。


理由は、2年以上も前からシェールガスは、
アメリカの主力エネルギー産業となり、
世界を牽引する可能性を秘めている!と、

日経新聞ですら、つい最近も似たような記事を書いてます。



しかし、2年以上前から存在が分かっているのであれば、
産出して海外に輸出展開することが行われていても
不思議ではなさそうですが、全くその気配なし。


そして、案じた通りの事件が起こりました。




住友商事は米国のシェールオイル開発などで
投資回収が見込めなくなり、

2015年3月期の連結決算に
減損損失2700億円を計上すると発表。
 




はい、簡単に産出できて割安なエネルギーを輸入できれば
投資の価値は十分にありえます。

しかし、研究者の方々の反応は当初から否定的で、
産出できても世界に生産できるガスの量を
賄えることができるか疑問、という声もあったようです。



「地下に眠る資源は実際の埋蔵量や効率的な採掘方法など
 実際に手掛けてみて初めて分かることも多い」

と日経新聞。

そんなことは言われなくても当初から分かっていただけに、
企業はなぜ投資をし続けたのでしょうか…?
なぜ研究者の意見を聞かなかったのでしょう?
 


不思議でなりません。

こうやって日本の企業からのお金がどんどん
海外へ出て行ってしまっています。




住友商事だけではありません。
先行する三井物産や伊藤忠商事などの大手商社や
大阪ガスも14年3月期決算でシェール関連の損失を計上。

とのことです。


眉唾とさえ言われたエネルギーに、
なぜこれだけ高額な投資をしてきたのか?
全くをもって意味不明です。
 


シェールガス事業なんてすぐさま撤退すべきで、
これに懲りずまだ投資を続けるようであれば、
日本企業は終わっています。



1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ






posted by 映画マニアックス at 21:54| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

本日の映画:秘密ドリル殺人者「ドリル・マーダーズ」のご紹介

映画:「ドリル・マーダーズ」のご紹介
−美少女猟奇殺人事件−








【ストーリー】

あるときマスクを付けたオレンジ色で電動ドリルを
持った殺人鬼が、地元付近で女性の頭蓋骨に
穴を開けて殺戮する事件が多発した。

一見、1人の殺人鬼が犯した猟奇殺人事件に
思われたのだが、事件解決の糸口は見えなかった。

そんなとき、主人公の父親の娘が失踪していないのに
失踪したと、警察から連絡が来た。

これは一体どういうことか?







【筆者コメント】

ノルウェーの映画です。

まあ、よくある殺人鬼モノの映画で、
キチガイ殺人鬼が1人で、何十人もの女性を殺す、
なおゾンビが誕生する、

といったお粗末なベタ作品かと思いました。



が、しかし、



殺人鬼に関わる裏の人間が映画に絡んでくる
ストーリー展開で、予想を完全に裏切るものでした。

殺してばかりのつまらないC級映画ではありません。


スプラッター・流血演出はそれなりにありますが、
見所はそれらだけでなく、ミステリー的な要素もあります。

ただ、残念なのが、
謎の解明がイマイチ釈然としないまま終わってしまった
という部分です。

もっとしっかりした謎の説明を
演出に取り入れて欲しかったです。





ちょっと話が変わって、



中東産油国のサウジアラビアやアラブ首長国連邦などは、
石油が掘っても掘っても出てくるため、

現在の20代、30代、の若者たちは、
親たちが働いて得た莫大な石油財産のおかげで
生活していくことができるため、

働くことをあまりしないそうです。
つまり、遊んでばかりで、国としては、
未来が存亡をに関わる危機!と注意喚起しているようです。



なんでこんな説明をするのかというと、



他の人のレビューによれば、
ノルウェーも海底油田の発見により、
国に余裕ができたという事実があり、

農業・漁業などの基幹作業しかないところに、
たまたま石油事業で裕福になりつつあることで、
労働に対する意識が軽薄になってはいないだろうか?
 


という皮肉が込められている映画みたいです。


それをドキュメンタリーではなく、
ホラー映画で表現したのは凄いと思いますが、
意味が伝わらないので本当に残念です。

まあ面白くはできていますが、ラストが中途半端です。


ストーリー ★★★☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
グロテスク ★★★☆☆
エロ度    ☆☆☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★★☆☆
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

▼トレイラー▼

http://youtu.be/7JuGJquGoL0

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ドリル・マーダーズ.jpg









posted by 映画マニアックス at 19:19| Comment(0) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

本日の映画:生き血の呪い「リビングブラッド」のご紹介

映画:「リビングブラッド」のご紹介








【ストーリー】

人間の失踪事件が過去に頻発した山奥の村の森から
あるとき急に全身血まみれの少年が出現した。

保安官たちは、その少年を拘束し、
全身についている血液を検査しようとする。

だが、その血液は人間1人だけの血液ではなかった。
リビングブラッド2.jpg







【筆者コメント】

今回の映画はホラー&ミステリー映画
というくくりになるでしょう。

物語後半までなかなか真相にたどり着かないです。
登場人物の多さや内容が少々難解なホラーです。

加えて、ストーリー設定や恐怖感を出す演出など
しっかりしているのに、脚本がイマイチと感じました。
1回見て内容を全て理解するのは難しいです。



タイトルの通り、生き血、がテーマになっています。
過去の人間失踪事件が、どのように物語に関係するのか?


という視点で観て行く必要がありました。

また、最後までよく分からない部分などもあり、
表現があいまいなシーンも多く、
しっかり謎解きができた!という爽快感は無しです。



スプラッター色はそこそこ。
なにしろ出現する血の量が半端なく、
常に画面中に地がベタベタしたような映像表現。

血だらけの気持ち悪いシーンが多いので、
見る人にとっては多少厳しいかもしれません。

暇ならみてもいいかな?という感じの作品です。
1回見ただけでは何だかよく分からない映画
という印象になると思います。

ストーリー ★★★★
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★☆☆
グロテスク ★★★★
エロ度    ★★☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★☆☆☆
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

▼トレイラー▼

http://youtu.be/zskd5uO3hDA

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

リビングブラッド.jpg








posted by 映画マニアックス at 23:06| Comment(0) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

本日の映画:魔女の呪い「ロード・オブ・セイラム」のご紹介

映画:「ロード・オブ・セイラム」のご紹介









【ストーリー】

アメリカの片田舎セイラムで
25人の女性が亡くなった“セイラム魔女裁判”を題材に、
魔女の呪いが引き起こす恐怖を描く




【筆者コメント】

「ハロウィン」シリーズを監督した
有名なホラー映画監督、ロブ・ゾンビの最新作品
です。


これは、監督のファンの方にとっては、
大変嬉しい作品だと思いますが、
普通のホラー映画を楽しむ方にはおすすめしません。

なにしろ、宗教、魔女、呪い、といった関連性をある
抽象的で比喩的表現がやたらに出てきて、
何を意味しているのかさっぱりでした。


また、意味深な映像が数々出てきますが、
それらが一体に物語にどういう関連性があるのか?

最初から最後まで映画全体が全て意味不明。



正直観るのがしんどかったですね。


ロードオブ
セイラームーン.jpg
っていう感じです。


ストーリー ☆☆☆☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ☆☆☆☆
グロテスク ★★★☆☆
エロ度    ★★☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ☆☆☆☆☆
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★★☆☆
おすすめ度 ☆☆☆☆

▼トレイラ
ー▼

http://youtu.be/u7aTu2DaJKs

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ロード・オブ・セイラム.jpg








posted by 映画マニアックス at 19:45| Comment(0) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

本日の映画:新薬開発の治験「Pro9-治験-」のご紹介

映画:「Pro9-治験-」のご紹介






【ストーリー】

山の奥地にあるある企業の研究所で、
治験が行われようとしていた。

高額な報酬をてにするため、
7名の男女が治験に参加することを希望。

そして、研究所の病院で、新薬の投与を行い、
経過を見ていくのだが…






【筆者コメント】

新薬開発の成果を実際人間で試す痴漢でなくて治験

今回の映画は、治験の新薬がとてもひどい副作用が
人間に起こり始めるという内容です。

映画では、事実に基づいた事件として解説。 




昔から治験というものは、何もイギリスだけでなくて、
どこの国でも行われてきたことです。
しかし、公に被験者を募集することがなく、
アンダーグラウンドで行われるのが一般的。

こんな状況下で、被験者は運悪く、
ひどい副作用の薬で死亡事故に至るということが、
頻繁に起きてきているようです。

この映画の場合は、製薬会社の治験が
事件として公になりました。


しかし、実際は公になることなく、
もっと過激な人体実験が行われているということも
陰では、色々な国で行われているようです。

企業というよりも、国が秘密裏に行っている場合の方が
実際は多いみたいで、
主に米国、中国、などの大国ですね。

行方不明になっている被験者、もしくは一般人が
結構多くいるようです。



気をつけないといけないのは、
高額報酬につられて、そういった怪しいアルバイトの求人

安易に申し込みしないことです。

新薬がとても効果のある薬で、
副作用も対したことなく無事に生還できればいいのですが、
こればかりは実際やってみないとわかりません。



新薬だけでなく、新種ウイルスの人体実験、や
生物兵器、科学兵器、といった分野にまで
こういった治験が行われているのも確かで、
 


映画どころでなく、
実際にありうる人体実験のことを考えると、
かなり怖い作品だと思いました。




実際に面白いかどうかですが、
大きい見せ場は特になく、被験者たちがどんどん
副作用で変化していく様を映像化しています。

そのため、ホラーとしての怖さとインパクトは
地味かもしれません。

作品としては、イマイチかもしれませんが、
実話ということで私は満足して観ることができました。

流血描写が出てきますが、
誰でも観ることのできるレベルです。


ストーリー ★★☆☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
グロテスク ★★☆☆☆
エロ度    ☆☆☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★★★★
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

▼トレイラー▼

http://youtu.be/1HcNU9IYE9g

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

Pro9-治験-.jpg







posted by 映画マニアックス at 21:26| Comment(0) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする