旬なスマホアプリとその魅力を紹介!!!


無料アプリから有料アプリまで
様々なものがありますが、
実際やってみて良かったものをご紹介!




2013年09月30日

本日の映画:監禁農場「豚小屋」のご紹介

映画:「豚小屋」のご紹介



【ストーリー】
夫のDVから逃れるため家出をした妻。
別な街に身を寄せるち、そこである女性と出会うことに。


家出妻は出合った女性の農場に身を寄せて生活することした。

夫から逃げるための隠れた生活のなかで、

この農場の不自然さが段々露呈してきて、
恐怖を感じ始める。



【筆者コメント】
以前このブログで、似たようなタイトルの、

「鳥小屋」
「馬小屋」


というホラー映画をご紹介しました。

それと似たような感じの監禁物ホラー映画です。

一番酷かったのが、「馬小屋」でした。




今回の「豚小屋」に関しては、
事実に基づいたストーリーということで、

かなり楽しめるホラーだろうと思って見ましたが、

ストーリー設定やトリックといった部分は
よく考えられているものの、


いかんせん、

撮影がヘタクソ過ぎる。

そして映像が暗くて見にくくなっているのがマイナスです。
なので、面白さを感じにくい退屈なシーンが結構ありました。


結構グロテスクなシーンがありますが、
誰でも見ることができるレベルです。


良かった点は、
構成と展開の演出が斬新だったところです。



トリック的な部分を途中で予測できるか?
そういった視点で見れば良いと思います。

ストーリー ★★★☆☆
映像    ★★☆☆☆
熱中度  ★★★☆☆
構成    ★★★☆☆
エロ     ★☆☆☆☆
グロテスク ★★☆☆☆
意味理解  ★★★☆☆
怖い     ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

豚小屋.jpg

1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ









posted by 映画マニアックス at 22:04| Comment(0) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

1年かけてブログでお伝えしてきたこと

1年かけてブログでお伝えしてきたこと


祝!ついにブログ開設1年が経過しました!


基本毎日更新で、更新率91%を超えました。
よくここまで続いたな〜と自分でも驚いています。

それも、すべて私のブログに訪問して下さる
読者さんの方々のおかげでございます。
大変感謝しております。

記事が多くの方の目に触れるようになってくると、
更新をしないでいる事のほうが落ち着かない、
そんな一年でした。




そして、ブログタイトル、

『マニアックホラー映画のご紹介!』

というテーマを中心に色々な記事を書いてきました。



まだご紹介していないマニアックホラーや、
今後も登場するホラーなど、
この先も続けてご紹介していきたいと思います。


また、評判の良いようなコンテンツは、
心理クイズのように導入して、
新たな記事を発掘していきたいとも考えております。



映画に戻りますが、
最近のマニアックホラーで記憶に新しいのが、

「ムカデ人間2」でした。

この作品、超ハードなアダルトビデオに相当する内容を
含んでいる上に、グロさもかなりものでした。

ということで、
キチガイホラーの称号を付けました。



今後もこのような変わったマニア思考の高いホラー作品は、
欠かさずご紹介していこうと思っております。

また、ご要望の作品などがあればお気軽にお声掛け下さい。

過激な画像を載せられないので、
ギリギリ画像でご容赦ください。
調べればいっぱい出てきます。

「ムカデ人間2」

ムカデ2_00.jpg

ムカデ2_01.jpg

ムカデ2_02.jpg

ムカデ2_03.jpg

ムカデ2_04.jpg








また、ブログを通して、
1年かけてお伝えしてきたことの中で、
日本の将来に対するニュース情報を広く取り上げてきました。

中には共感してくださる方もいて、
ニュース情報を取り上げて良かったなあと思っています。



先日、経済産業省の役人の1人が、

「東日本大震災の復興は必要無い!高齢者は年取ったら早く死ねば良い!」

みたいな常識はずれの事をネットで発言‥、
というニュースがありました。

こんなキチガイじみた、
人を人とも思わないような発言で減給2ヶ月です。
たった2ヶ月!!

生きるか死ぬかの瀬戸際で苦しんでおられる、
今だ仮設住宅で過ごされている被災者の方々を、
人間扱いをしないようなヒドイ発言でも減給たった2ヶ月です。

世の中狂っている、としか言いようがないですね。

信じられません。
他人の苦しみを全く分からない愚者の何物でもないです。


このような阿保官僚と、
それに媚を売る献金や議員年金で、お金が欲しい政治家たち、
そして、献金してもらうためには大企業のトップが潤う法制化、
官僚の天下りを不動のものにする大企業の経営安定化法案やリストラ促進法案、



こうやって、既得権益を守り、
自分の利益だけを優先しようとする人たちが、
現在日本のトップに立って社会を動かしていると考えると、
情けなくなります。

⇒ http://bloomdance.main.jp/bayll/a/vq8/
レイ.jpg

ネットが普及することによって、
こんなひどい日本の社会構造が遥か昔から存在している、と
気づく人も増えてきているように感じます。
まだまだ認知度は低いと思いますが、それは良いことだと思います。


「最近の日本、何か少しおかしくないか?」 と。


昔に比べると、
多くの人が肌で感じるようになったと思います。

しかし、まだ漠然と何が悪いか分からない、
そんな状況なのではないかと思います。

それはマスコミの発する膨大な情報、や操作された情報、
などの影響もあるでしょう。


・【アベノミクスは効果を発揮している!】
・【円高から円安になって経済が潤っている!】
・【株価も上昇して経済が上向いている!】
・【今後は法人税減税で経済を活性化させる!】
・【大企業も黒字になったんだし経済が上向いている証拠だ!】


というように、安倍内閣の功績はすばらしい! と、
日本の新聞やマスコミ、テレビなどでは、
自民党を絶賛する表現のてんこ盛りばかりです。
日経新聞でさえもそんな調子です。


海外の新聞に目を向ければ、
そんなの子供だましであって、
アベノミクスなんて機能していない!

と論じる新聞が実際にあります。
世界はちゃんと客観的に日本を見ています。



【アベノミクスは効果を発揮している!】 
 これで消費にお金が回っているから経済は上向きである
  ⇒10年連続一般労働者の平均年収が下がり続けています。
   このまま行くと400万未満になるでしょう。
   これのどこが経済活性化なのでしょうか?



【量的緩和で円高から円安になって経済が潤っている!】
  ⇒なわけないですね。
   国債発行・借金をしまくって円の価値を下げているだけで、
   その借金を背負うのは国民です。
   さらに、円安で10ヶ月連続で貿易赤字の日本です。
   これによって儲けることができる人がだけがお得な政策なので、
   経済が潤っているわけではないですね。



【株価も上昇して経済が上向いている!】
  ⇒年始の金融規制緩和の法改正が投資家の動きを活発化させて、
   金融取引の額が増えて株価が上がっているだけであって、
   これで景気が良くなっているわけではありません。
   数字に騙されてはいけません。

   

【今後は法人税減税で経済を活性化させる!所得も増える!】
  ⇒企業・経営者特権階級に有利な減税をして、
   足りない税収は一般国民から消費増税でむしり取る。
   多少は一般労働者の給与は上昇するかもしれませんが、
   実際は相対的に消費税増税で、
   むしり取られる額の方が遥かに多いので、
   一般市民の年収が少し上がったと仮定しても、
   トータルでは搾取される額の方が多くなります。。

   これで年収の数値が少しでも上向けば、
   給与水準数値が上がった!と、
   マスコミは自民党政策を絶賛しまくるでしょう!

   そんな目くらまし政策に騙されてはいけません。
   数字にトリックが存在していることに気が付くべきです。
   今後、消費税増税の恐ろしさを実際痛感しなければなりません。



【大企業も黒字になったから経済が上向いている証拠だ!】
  ⇒なわけがないですね。
   大量のリストラ、株価の上昇、
   円安で輸出企業の内部留保の増加、
   によって無理に黒字にしたようなものです。
   経済が上向いているから黒字になったわけではないです。


書き出すときりがありません。



そして今後注意しなければいけないのが、
憲法改正と外交問題。

このままいくと本当に憲法は改正(改悪)になると思われます。
徴兵制になったら戦場に行かなければなりません。
そんなの嫌ですよね?

誰だって戦争に行きたいとは思わないはずです。



そして、

マスコミの反中、反韓ニュースを非常に多く見かけます。
中国や韓国に行くとさぞや恐ろしい目に遭うのではないか?
と思ってしまうほどでした。


一方で、相手国側からの反日感情は強いのかと言えば、
実際のところ中国や韓国の国民のほとんどは、
そうでもないのだそうです。
そういった感情をあらわにするのはごく少数の人で、
これは私も最近まで気が付かなかったです。

日本、中国、韓国、に仲良くされては困る
ナショナリズムの高揚を狙う人がいるわけです。


ワールドカップの元日本代表の岡田監督の
ある新聞記事でのコメントによれば、
マスコミの加熱報道に恣意性を感じるとコメントしています。

遠征で中国に行っても、
反日で非難されたことなど一度もないそうです。
というよりむしろ友好的な人が多いのだとか‥。


マスコミの報道は正しい部分もあるとは思いますが、
もう少し、違った角度で客観的に世界を
見てみる必要がある気がしました。


そういった意味では、
インターネットの存在は大きな意味を持ちます。

当然ガセネタなどもたくさん存在しますが、
スマホ1台あれば自分自身で、
適切に正しい情報を探して、
それを見極めることのできる環境が揃っているわけで、
昔に比べれば、世の中の事、世界の事、、
分かりやすい時代になったことは確かです。


ということで、


このブログをご覧頂く方に、
少しでも何かを感じてもらえるようなきっかけを作る記事を
今後も提供できたらいいなあと思っております。

あなたのご訪問、大変感謝しております。



今後ともよろしくお願いいたします。


1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ









posted by 映画マニアックス at 18:12| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心理クイズ40

心理クイズ40


今日の心理クイズ!



あなたは大好きな意中のあの人から

プレゼントをもらいました。

その包装用紙の色は何色でしょうか?





1:赤

2:青

3:緑






答えは↓























































































答え


これによって、

「相手に期待している恋愛」

をある程度把握できるようです。


1:赤
  ⇒情熱的な恋愛を期待しているようです。
   ドラマのような劇的な恋愛、ということで、

   普通の出会いやデートなどでは物足りなく
   感じる可能性がるようです。

   そうなるためには行動力が伴わないと
   実現は難しいようです。




2:青
  ⇒お互い刺激しあえる対等な恋愛を期待している
   と考えて良いようです。

   自分に自身を持っている人は、
   相手にもそれ相応の能力を求めていると言えるため、
   異性に対する見方がシビアなようです。

   最終的には男女の枠を離れたパートナー的な
   期待をして行きたいと考えるようです。




3:緑
  ⇒お互いに相手を癒すことができる関係の恋愛を
   望んできるようです。

   貧乏でも、お互いが心の支えになれるような関係を
   希望しています。

   相手の笑顔を見ていれば幸せになれるような
   タイプと言えるでしょう。




いかがだったでしょうか?


1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ









posted by 映画マニアックス at 17:29| Comment(0) | 心理クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

千葉県の行方不明の女子高生

千葉県の行方不明の女子高生


7月に行方不明になってから、
2ヶ月が経って発見されましたね。


この事件最初から、
なだんか不自然なマスコミ報道で、
気になっていたのですが、
その予想通りとなりました。



神社で衰弱して発見されたようですね。
無事でよかったですが…。



「動機などはまだ分かっていない」

ということのようですが…



怖いですね。



1日1回お願いします。


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ









posted by 映画マニアックス at 23:40| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の映画:連続テロ予告「相棒-劇場版-」のご紹介

映画:「相棒-劇場版-」のご紹介



【ストーリー】
あるとき、現場に不可解な記号が残された、
謎の連続殺人事件が発生した。

警察組織に対する敵対犯行が告知された。
それは「東京ビッグシティマラソン」に仕掛けられた爆弾テロ。

首都を壊滅に追い込む犯行予告で、
マラソンランナーや観客の大量殺戮が起ころうとしていた。




【筆者コメント】

『相棒』!!!
これが映画化された劇場版の最初の作品です。



これはあまりにも有名なドラマで現在も高視聴率!

そのため、水谷豊の存在が大きくなりすぎて、
プロデューサーや監督も扱いに困るくらいだとのこと。


ということで、テレビ制作の現場では、
皆が水谷豊の存在を恐れるほどになり、
彼の発言に反論できる者が誰もいないのだとか…。

正直なところ、スタッフは皆ドラマ制作を続けたくないと、
思っているらしいです。

しかし、やめることができない。


なぜか?


視聴率が良いからです。
テレビ朝日の看板番組となりました。

現在でも、昼間かた夕方にかけて、
再放送が毎日のようにたくさん流れていますが、
それでも視聴率が良いのだそうです。


それだけ人気があるドラマなのだから映画も
さぞ面白いだろう!と思って、
映画館に見に行かれた方も多いでしょう。


しかし、映画の内容は、スケールがでかすぎて、
推理物というよりは、アクション映画のような感じになって、
相棒本来の良さを引き出せなかったように感じました。


というのも水谷豊の存在が大きく、

・監督も困ったのではないか…?
・監督本来の力を出し切れていないのでは?


というふうに推測しています。


この映画の監督さんは、
和泉聖治という方で、相棒のドラマでは初期の頃から
監督務めていました。

相棒がここまでドラマで有名になったのも、
この監督さんの手腕によるところが大きいと考えています。

理由は、こういった事件や、緊迫した状況を
上手に表現することが得意な監督さんで、
テレビドラマの相棒が始まる以前から私は注目していました。



なぜ注目していたか?と言えば、


私はホラーと同じくらいVシネが大好きで、
当時はつまらないVシネが多い中、
この監督さんの作品だけは飛びぬけて面白く、
表現の仕方も凄いな、と思っていました。


Vシネのヤクザ映画では、当たりハズレが多い中、
20年以上前から、作品の質が高く、
この監督さんのヤクザ映画はハズレ作品がないのです。


私が、好きな作品は以下の4つ。

・さらば愛しのやくざ
・修羅の伝説
・民暴の帝王
・修羅がゆく


どれもかなり古い作品で、
約20年前に作られたとは思えない作品ばかりです。

どれも緊迫感があって先が知りたくなる表現が
なんとも素晴らしいです。


なかでも「修羅の伝説」は凄いです。
これだけは絶対に見て欲しいですね!
過去にもこのブログで作品をご紹介しました。


こういった凄い作品を作る能力が評価された結果、
テレビで監督することになり、
Vシネでなく今回の相棒劇場版の映画で、
監督をするようになった方なのです。


しかし、最初からこのような作品を作れたわけではなく、
ヤクザ映画よりも以前は、ポルノ映画の監督として、
有名だったようです。


まさに大器晩成!

最初から順調に普通の映画監督になれたわけでないので、
地道な努力が実を結んだ、という形で、
現在の相棒は人気があるわけです。



過去の作品と比べると、
『相棒-劇場版-』は正直イマイチな作品です。

パート2はそんなパート1の状況を踏まえ、
だいぶ面白く作られていました。


そして、パート3が来年公開されます。

今度はどんな演出を見せてくれるのでしょうか?
楽しみです。


ストーリー ★★★☆☆
映像    ★★★★☆
熱中度   ★★★☆☆
エロ     ☆☆☆☆☆
グロテスク ☆☆☆☆☆
構成     ★★☆☆☆
意味理解  ★★★☆☆
おすすめ度 ★★☆☆☆
感動     ★★☆☆☆

相棒-劇場版-.jpg


1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ









posted by 映画マニアックス at 23:15| Comment(0) | 一般映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする