旬なスマホアプリとその魅力を紹介!!!


無料アプリから有料アプリまで
様々なものがありますが、
実際やってみて良かったものをご紹介!




2013年06月30日

ラーメンケーキ

ラーメンケーキ


群馬県高崎市の田畑が広がるのどかな地域のケーキ店
「まちのくまさん」という店が全国の注目の的だそうです。

話題の中心は、ラーメン用丼に入った
ラーメンそっくりの「ラーメンケーキ」(1300円)。

チョコレートケーキやクリームブリュレの横に
並べて販売しているとのこと。
モンブランの麺・スープはゼリーでできているそうです。

実際スイーツでも見た目がこれだと、
ちょっと食べる気無くしそうです。
これ、売れているのでしょうか?

例えば、
とぐろを巻いたウンコの形のチョコレートケーキ
と言われて出されても、
食欲沸かないと一緒だと…。


ラーメンケーキ.jpg









posted by 映画マニアックス at 21:03| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の映画:殺戮ピエロ「ブラッディピエロ」のご紹介

映画:「ブラッディピエロ」のご紹介



【ストーリー】
最初から最後まで血まみれの地獄絵図。


【筆者コメント】
過去にホラー映画で出てきた殺人鬼には、
みなそれぞれ個性がありました。

13日の金曜日のジェイソン、
エルム街の悪夢のフレディー、
悪魔のいけにえのレザーフェイス、
ハロウィンのブギーマン、
殺人警官のマッドコーデル、

というふうにいろんなタイプの殺人鬼が
過去の映画には出てきましたが、
ピエロが殺人鬼というのは珍しいですね。
ゲームには出てきていますが。


キャラクターがピエロの殺人鬼、
ということで、これは映画の中身が大変気になりました。
ストーリーもしっかりした映画だろうと思ってみたら、
ただスプラッター映像のオンパレード。

これでは、ピエロの個性を生かしきれていない。

せっかくのカリスマ殺人鬼到来と思ったのも束の間、
ストーリーも適当でピエロである必要性が全くない。
ただ映像だけグロテスクに作りました!
という映画になっていました。

B級、C級、映画です。
しかし、この作品、
「キチガイホラー」の称号を授けようと思います。

私は日本語吹き替えで見なかったので、
わかりませんが、
この映画の吹き替えは、映画をバカにしたような吹き替えに
なっているのだそうです。

それが非常に笑えるらしく、
吹き替えと字幕で2度楽しめる構成なんだそうです。


ということで、私も吹き替え版を見てみようと思います。
消してなければいいが…。


一応18禁映画です。
グロ映像に耐性のある方のみ、
ご覧になってください。


ストーリー ★☆☆☆☆
映像・CG ★★☆☆☆
熱中度   ★★★☆☆
グロテスク ★★★★★
エロ    ★★☆☆☆
構成    ★★☆☆☆
意味理解  ★★★★☆
感動    ☆☆☆☆☆
おすすめ度 ★★☆☆☆

※熱中度とは、飽きずに最後まで引き付ける演出に
 なっているかを表します。


ブラッディピエロ.jpg










posted by 映画マニアックス at 20:48| Comment(0) | キチガイホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

心理クイズ21

心理クイズ21




今日の心理クイズ!



くだらない冗談を言う相手と商談するケース、

あなたは、相手からOKをもらうためには、

次のどの行動をすればよいでしょうか?



1:ボケと突っ込みのノリで相手の冗談を斬る

2:冗談は軽く流して話の主導権を握る

3:とにかくほがらかに笑う



答えは↓































































































答え

「笑う門には福来る!」

正解は3番。

笑い声には人を楽しくさせる効果があるそうです。

つまらない話でも大げさに笑うことで、
その場を明るく和やか雰囲気にできるそうです。


カナダの心理学者の実験によると、

同じ内容の話に、

・笑い声が入っている音声と
・笑い声が入っていない音声、

を人に聞かせたとき、
笑い声の入っている音声を聞いている人が、
つられて笑ってしまう現象が起きたそうです。


電車の中やホームで携帯を見ながらニヤニヤしている人を
たまに見かけますが、
その姿をみると笑いたい気持ちがこみ上げてきたり
する時があるので、
笑いの効果は他人を幸せな気分にさせる効果が
あるのかもしれません。


お見合いや合コンでは常にニヤニヤしてれば、
いいのかも…?


いかがだったでしょうか?











posted by 映画マニアックス at 20:43| Comment(0) | 心理クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の映画:うつけの大殿様「のぼうの城」のご紹介

映画:「のぼうの城」のご紹介


【ストーリー】
時は戦国時代。
関白豊臣政権下で、最後の天下統一の要となる北条氏制圧。

北条氏と同盟関係にあった成田家の殿様:成田長親は、
降伏せず、徹底抗戦で挑むことに。

成田家500人の軍勢に対し、
2万の石田三成率いる豊臣軍の戦いが始まった。


【筆者コメント】
これもあまりにも有名な日本映画なので
あえて解説するまでもないですね。

映画のプロモーションビデオの宣伝が2011年秋に
公開されたにも関わらず、いつまでたっても本編公開がされず、
結局正式公開が2012年秋となった映画でした。

何で公開が1年先なのか?
当時は不思議に思っていましたが、映画を見て納得。

2011年は東日本大震災があった年でした。
それが映画の内容と被る部分があったので公開を
先延ばしにしたということみたいですね。


歴史の背景をよく知っている方なら、
だいぶ興味の沸く映画ではないでしょうか。

私も歴史物や大河ドラマが大好きなので、
この作品も非常に面白い映画だと思いました。
CGもよくできています。
昔の日本映画だったら、ここまで迫力のある映像を
作ることができなかったでしょう。


クイズ番組ヘキサゴンで、
おばかタレントとして登場した上地雄輔が、
今は歴史物の大物人物の役を演じている!、
当時は全く考えられませんでした。


欠点を言えば、セリフの時代考証がまったくなされていない点。
それと主題歌がまったく合っていない点。
くらいですね。

日本映画の音楽は岩代太郎さんの曲がよく合います。

悪の経典も主題歌があまりあっていませんでした。

音楽も作品を構成する重要な部分のひとつです。
おとなの事情があるにせよ、主題歌にもこだわった
映画に仕上げてほしいですね。

スプラッターシーンや流血シーンが少々ありますが、
たいしたことはないでしょう。
誰でも見れます。


ストーリー ★★★★☆
映像    ★★★★★
熱中度   ★★★★★
グロテスク ★☆☆☆☆
意味理解  ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★
感動    ★★☆☆☆


のぼうの城.jpg









posted by 映画マニアックス at 19:54| Comment(0) | 一般映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

最後の巨大市場

最後の巨大市場


「最後の巨大市場」とも呼ばれる、
アフリカにおけるビジネスが国内でにわか注目を集めている。

2013年6月1日から6月3日に横浜市で開催された
第5回アフリカ開発会議(TICAD)では、
アフリカが今後おおきなビジネス展開が可能となる場所
という見方が多数を占めていたみたいですね。

当然でしょう。


日本企業がアフリカ向けビジネスについて
多大な関心を寄せているものの一つが、
人口が急増することによる都市化に伴う課題を
解決するための方法を提案するビジネスだそうです。


例として、
大都市近郊に新しい都市を建設するプロジェクトが
一斉にスタートしており、
日本企業にとっても都市建設に伴うインフラ整備などに
参入する大きなチャンスということみたいです。


後進国の勢いがどんどん増して行く中、
人口増加の問題を抱える地球。

このままでいくと、世界のエネルギーや食料の
争奪戦が繰り広げられることは明確で、
日本にとっても、先進国にとっても、
労働者は厳しい条件下で働くか、海外で働くか、
難しい選択を迫られる未来が近いことは確かなようです。


現在の日本の状況を見る限り、
厳しい未来が待ち構えていることは否めません。

しかし、逆を言えば、
アフリカにビジネスチャンスが転がっていること、
これを考えると、今のちうから対処しておけば、
時代の荒波を乗り越えることができるのでは
ないでしょうか…?。








posted by 映画マニアックス at 21:23| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする